ハリウッド映画と聖書
ピューリタンが建国した合衆国で、市民は映画を観るたびに聖書に出会う。
そしてハリウッド映画は世界中に配給され、外国映画にも土台を提供している。
映画のかたちをとった聖書物語もあれば、映画の中の聖書モチーフもある。
戦争・公民権運動・テロ攻撃・環境問題……映画は聖書を使いながら、様々な時と
場所の中に時代の関心や恐れ、希望を投影してきた。

たとえば『十戒』『ベン・ハー』など旧約聖書叙事詩映画は、東西冷戦期のアメリカを
古代イスラエルに結びつけ、圧政からの解放者、自由の覇者という国家観を暗示した。
また、自らを救わずとも他者を救い、周りの人々を変えていくキリスト的人物像は、
西部劇やラブ・コメディ、スーパーヒーロー映画などに欠かせない。

近年の驚くべきテクノロジーは、自然災害・天体の衝突・核戦争・伝染病などによる
「世界の終わり」の映像をつくりだした。SF映画『ブレードランナー』『アバター』『トゥモロー・
ワールド』などで描かれる終末世界の源泉には聖書的表象がある。

そして私たちは映画によって超越を体験する。たとえ一瞬だとしても、自分の世界を超えた
世界の可能性を垣間見るのだ。

聖書学者が聖書学と映画学を体系的に統合し、アメリカ文化の底流にあるものを読み解いた、
類例のない書をおくる。

著者:アデル・ラインハルツ
出版:みすず書房

2018年2月15日

販売価格  5,184円(本体4,800円、税384円)

購入数  

Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.