カルヴァン政治思想の形成と展開
独裁的な神政政治か、
近代的自由の先蹤か。

本書は、カルヴァンの共同体論をその聖礼典論を手がかりに探求するという斬新な視点を通して、カルヴァンの自由論とジュネーヴの国家教会体制の実践を整合的に理解することを目指す若手研究者の労作。政治思想史と神学の両者におけるカルヴァン観に新たな刺激を与えるであろう

著者:住田博子
出版:新教出版社

発売:2018年2月1日

販売価格  3,888円(本体3,600円、税288円)

購入数  

Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.